6つの音色

彼らの音楽が大好きだ

imitation rainの歌割り考察

こんにちは

さっそくですが、SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」の歌割り分析をしたいと思います。

あ、Imitation Rain知らねえよって方はまずこちらをどうぞ

SixTONES - Imitation Rain (Music Video) [YouTube Ver.]


なお、初回のブログにも書きましたが、間違ってる可能性がありますので、ご了承ください。歌や音楽に詳しい方、ぜひご教示ください。


いざ、本題! Imitation Rainの歌割りは、
f:id:pfyukke:20201004194516p:plain
f:id:pfyukke:20201004194535p:plain

蛍光ペンっぽい太めのラインが主旋律(色はメンカラ、全員部分は色なし)
マジックペンっぽい細めのラインがハモリ(文字の上なら上ハモ、下なら下ハモ)

曲調や歌詞も大好きですが、そのあたりの話は他のブロガーさんにお任せするとして(丸投げ)、

複雑!!!!!!

SixTONES自身も言ってましたが、ほんとに複雑。ハモリ、ハモリ、ハモリに加えて転調…!(大好物)これがデビュー曲って凄いですよね。
さすがYOSHIKIさん。さすがSixTONES
(いや、他グループの歌割り知らないのでこれが普通だったらごめんなさい)

まず、「目を閉じて~」からの部分で慎太郎×髙地(下ハモ)、その後「Close your eves」で樹×ジェシー(上ハモ)×北斗(下ハモ)加えて、きょものLalala~(しかも後半樹の下ハモあり)、さらに「飛び立つ~」からはジェシー×きょも(上ハモ)×北斗(下ハモ)って、どんだけハモるの?そしてみんなハモリできるの!?

ラップしかできないとか謙遜しておいて、なあ田中、上ハモも下ハモもあるじゃないか。じゅったーーーん!!!!!!らびゅ~♡
おっと失礼。

なによりImitation Rainは
下ハモ 松村北斗 爆誕曲!

歌っている部分はすべて下ハモ、(デビュー前の「光る、兆し」にも下ハモがありますが、本格的なガッツリ下ハモは初だと思います。)
ハモリパートは主旋律以上に音程にも声自体にも安定感がないと、キレイにハモれません。その点北斗くんの下ハモは非常に安定感があり、安心して聞くことができますし、変に主張しない声質なので他のメンバーともうまく調和していると感じます(下ハモが強すぎるとバランスおかしくなってしまうので…)。特にきょもの声との相性がよさそうです(きょもほく!)
本人はSixTONESの歌における立ち位置ができた、と言っていましたが、間違いなく今後のSixTONESの武器になっていくでしょう!

「戻れない~」からもきょもの歌声はほんっとうに素晴らしい・・・!
「止めて~」からは、きょも×ジェシー(下ハモ)×北斗(オクターブ下)の3人のハーモニー!(お耳が幸せ)ラスサビもジェシー・慎太郎・樹・髙地の主旋律にきょも(上ハモ)と北斗(下ハモ)でサンドイッチ!

見ての通り複雑な歌割になっており、実力がなければ聞けたもんじゃない状況になることだって考えられるような曲です。それをデビュー曲で、しかも生歌(たまに被せはあるけれど)でこれを歌う、歌えると判断されたSixTONESって本当に実力者ぞろいだなと感じます。

また後日アップしようと思っていますが、2ndシングルではさらに進化をしていて…どこまで行くのでしょうか。