6つの音色

彼らの音楽が大好きだ

Boom-Pow-Wow!歌割り考察

 

こんにちは。

 

SixTONESSnow Manデビュー3周年おめでとうございます!!

あっという間に日が経って驚いている今日この頃。アルバム出たと思ったら「ABARERO」の話出てくるし…。トゥナSixTONESに置いていかれ気味ですが、何とか追いつこう!ということで今回は3rdアルバムのリード曲「Boom-Pow-Wow!」の歌割り考察をしていきたいと思います!

 

ついにリード曲でSixTONESらしさ全開のぶち上げソング!待ってました!! まずは聞いていただきましょう!!


www.youtube.com

ついでにこちらもどうぞ。


www.youtube.com

 

 

では歌割りを見てみましょう!

※『Boom-Pow-Wow!』Mayu Wakisaka作詞 / Andreas Ohn、Atsushi Shimada作曲 / Atsushi Shimada編曲
蛍光ペンっぽい太めのラインが主旋律(色はメンカラ、全員部分は色なし)、マジックペンぽい細めのラインがハモリ(文字の上なら上ハモ、下なら下ハモ)
※歌詞がかなり長かったため、いつもより画像の文字サイズを小さくしています。見づらかったらすみません。

 

歌割りを見ていきますと、基本的にはソロが多くてシンプルな歌割りだと思います。その中でも印象に残ったのは、6人がそれぞれ持つ声質や特性との関連性。

Boom-Pow-Wow!に限らず今回のアルバムは個人的に感じていた6人の歌声の類似性や親和性を踏まえた歌割りが多いように思います。ほくしんユニゾンとか、ほくしんユニゾンとか、ほくしんユニゾンとか…(他にもあります笑)

※6人の声質やらその組み合わせについては、過去のブログ↓もご覧いただけますと幸いです。

pfyukke.hatenadiary.com

pfyukke.hatenadiary.com

 

上記ブログにも記載の通り、この声質や類似性は専門家でも何でもない私が勝手に感じて分類しているものですので、今回の歌割りとの合致は偶然だと思います。ただ、イチファンである私と同じことを、実際に歌割りを検討されている方も感じていてくれたのかな~なんて勝手に思って喜んでいます!

 

 

さて、具体的な話に入りますと、まずはサビ中のソロを担当する御三方、ジェシー慎太郎

これはTwitter見てると結構多くの方が同様に感じられていたようなので詳しい説明は不要と思いますが、こういった曲調を得意とする3人ですよね! 別名陽キャ3人もしくはパッパラパー軍団!(ぱっぱらぱーご存じない方はググってください。私も当時のことはよく知りません…。)私の個人的分類だと洋楽スタンスの3人です。 もうこの時点で、歌割り考えた人やってくれたな…と思っていたんですが。(そもそも冒頭からWow..を除いたソロパートはジェシー→樹→慎太郎になってて、この時点で勢いというか陽エネルギーが凄いんですよね。)

 

そこに加えて「天井ぶち破る Shout」!各サビ前・計3回出てくるこれと同じメロディーを担当するのがきょも&慎太郎。

別名:伸びのきょもしん(私が勝手に呼んでるだけ)
これは上に貼った以前の歌声分析に入れていなかった(きょもしん以外の分類が難しすぎて諦めた)のですが、きょもと慎太郎に共通する特長だと感じています。2人とも高音が得意ですし、特に高音時の声の伸びは素晴らしいと思います。なので、それが遺憾なく発揮される歌割り!最高!!(ちなみにWHIP THATの冒頭でもこの特長が発揮されてます!というか、きょもしんは高音&クリア&伸び&発声の強さといったところで共通点が多いんですよね。)

 

そして大サビ!樹(上ハモ)・こーち・きょもという、非常に珍しい組み合わせです(私調べ)。大サビと言えば京ジェ、最近では樹、下ハモで北斗、が担当することが多かったイメージですが、
こーち!!きょもゆごの声自体に高さという共通点がありますし、最近どんどん似てきている気もします。そこに加えて樹の上ハモ!!樹はファルセットになると地声とはかなり声質が変わって聞こえると感じていて、きょもゆごとの親和性も地声時に比べて高いと思います。

また、大サビではこの3人の声質が、これまでのジェシー・樹・慎太郎が牽引してきた曲調と雰囲気をがらりと変える要因にもなっていると思います。

年上トリオによる大サビ、この部分だけ曲調が全然違う、というのも良いですし、これまでSixTONESの曲をたくさん聞いてきたファンにとっては歌割り的にもこれまでとちょっと違った雰囲気になってとても興味深いと思います!

 

そしてジェシーのソロで元の曲調に戻る!そっから先はジェシーがアドリブ全開ですね。 先日のデビュー3周年イベントでのBoom-Pow-Wow!はマイクが負ける勢いでの煽り&アドリブで、さすがのジェシーでした。しかも最後の最後、Hey×5のところで北斗のアドリブもあり!Feel da CITYのWHIP THATで誰よりもシャウト(アドリブ)していた北斗にぴったりな歌割りだな~と思います。ちなみに歌割り関係ないですけど、歌番組やライブだと何故かどのパートよりも気合が入るHey×5笑。CDそこまで力入ってないのに…見るたび笑っちゃうけど、それがないと物足りなくなっています笑

あと順番前後しますが、Voiceのパートを北斗に振ったのも最高ですよね…。低音ボイスでのVoice。痺れます。

 

今回の曲もかなりハモリが入っているんですが、正直わかりません!笑 基本、音源に入っていて歌番組やライブでは歌ってないんじゃないかな。ソロパートは各メンバー本人かな~と思います(こーちのパートとか、かなり本人っぽい。慎太郎感も否めないけど)。なので画像には全く反映させていませんが、ご了承ください。

あと(oh no)とかの部分、1番はゆごじゅり、2番はしんじゅり感が強いんですが、ハッキリしないので(2番なんて直後に慎太郎ソロパートあるし)全員ユニゾン扱いにしています。

 

 

 

先程書いたように、今回のアルバム「声」はそのタイトルにふさわしく、歌割りも非常に考えられているなと思います(何様だよ…すみません)。これまでの曲だって当然考えられた歌割りですが、初期に比べてどんどん”曲”そのものに対してどんな歌割りが良いか、という視点で決められるようになっているんじゃないかと感じています(以前は力量やプロモーションの観点もかなりに入っていたと感じます。もちろんそれも非常に重要なんですが)。

どこまでブログに出来るか分かりませんし、あくまでプロでも何でもないイチファンによる語りですが、極力その素晴らしさをお伝えできたらな、と思います!!

 

さて「ABARERO」どんな曲だぁ~??

SixTONESライブレポ【慣声の法則 1/6昼】

こんにちは。

SixTONESの3rdアルバム「声」発売&ハーフミリオン達成&慣声の法則の横アリ7公演完走&ドーム公演決定おめでとうございます!

 

幸運なことに1/6の横アリ昼公演に参戦できましたので、以下にレポという名の備忘録をしたためたいと思います。なお、私の脆弱な記憶力と稚拙な表現力により昨年同様大した内容は書けませんがご容赦くださいますようお願いいたします。(メモろうと思ってポケットにペンとノートを忍ばせておりましたが、全く出番はございませんでした。)

こんなブログでもTwitterのアンケートで読みたいと言ってくださった方、ありがとうございます!ご期待に沿えているか分かりませんが、少しでも楽しんで頂けましたら幸いです。

 

 

さて、今回の「慣声の法則」、自名義は全滅。心優しき友のお陰で参戦することができました…!席はスタンド(横アリの場合3階席)上手バクステ側。前回はアリーナ(2階席ですが、私の席はほぼ外周と同じ高さ)で下から仰ぎ見る形でしたが、今回は上からで、どちらも違った良さがありますね!席自体は去年よりステージから離れてましたが、スタトロはほぼ目の前で、SixTONESの顔をよく見ることができました!

本当に友よありがとう…!

 

 

では、ここからはセトリ順に思ったこと・感じたことを書いていきたいと思います。ネタバレを多分に含みますので、ご注意ください。また、ライブでぶち上がったテンションのまま書いているので、かなり口が悪い部分もあります。苦手な方は自衛してくださいね!

 

よろしいでしょうか? Are you ready?

 

 

続きを読む

SixTONES声域調査〜2022更新版〜

こんにちは。

 

きょもちゃん28歳のお誕生日おめでとう!!!
28歳!には全然見えないんだけどもう28歳なのね…(親戚のおばさんマインド)来年こそはきょものミュージカルをこの目で見たい…!ということで本人の希望通り毎年舞台に立ってくれることを期待しています!

 

 

今回はそんなきょもHBDにかこつけて、以前挙げたSixTONESの声域調査の更新版をアップしたいと思います!ちなみに前回版はこちら↓

pfyukke.hatenadiary.com

 

 

前回同様かな~り長くなってしまったので目次をつけておきます。

 

 

SixTONESの声域

まずは、前回(2021/10)時点での全員の声域をおさらいしましょう。

これが、1年と2か月後(2022/12)、こうなりました!

※それぞれ濃い色の範囲が地声の声域、薄い色のところがファルセットの音域です。
※今回の声域は、8thシングルまでのCD収録曲のみ(CD未収録ですがPARTY PEOPLE含む)、としています。また本人が歌っているかどうかはっきりしないハモリやコーラス等は含んでおりません。ですので、本当は出せる音域だけど歌割り上出てこない場合や、テクニックとしてあえて地声ではなくファルセットにしている場合もあると思いますので、あくまで参考として捉えて頂けますと幸いです。
※mid1とかについては、「声域 mid」とかでググると出てきます。簡単に言ってしまえばhiが高音、mid2が中高音、mid1が中低音、lowが低音ってことです。ピアノや音楽経験者にとっては、真ん中のドとかC4みたいな方が見慣れてる(私もそうです)と思いますので言い換えると、mid2C=真ん中のド=C4=ト音記号の五線譜すぐ下のドです。
※本来、調によって♭なのか♯なのか変わるのですが(例:イ長調ならG♯、変ホ長調ならA♭)、♯と♭が混ざっているとわかりづらいので、本来♭系の調に出現する音であっても全て♯で記載しています。

 

前回から30曲弱増えてるのですが、ジェシー以外の5人が声域更新!というか、こちらの想定以上に音域が広がっていて画像の範囲自体を変える羽目になりました(嬉しい誤算)。

 

それでは、1人ずつ見ていきましょう!前回同様、それぞれの声域とその特徴、おすすめ曲を記載してます!

 

 

ジェシー

最低音:mid1B(変更なし)
地声最高音:hiA(変更なし)
ファルセット最高音:hiG(変更なし)

声域は前回から変更なく、地声最高音はこれが本当に最高だと思います。多分下(低音)やファルセットはもっと行けると思いますが…一回全員どこまでだせるかやってみてくれないかな。(テキトーに出すんじゃなくて、ちゃんとプロ指導の元)かなり声域ギリギリのラインの曲が多いよなーと思う反面、きょもとジェシーという2人がメインボーカルとして立つから、SixTONESの曲の音域は広がるのだと思います。(場合によってはきょも主旋律、ジェシー下ハモ担当、みたいになる可能性だってある。2人をメインボーカルとして位置づけられるのは、本人の歌唱力はもちろんだけど、ジェシーよりさらに低くだせるメンバーがいることもその理由の一つと捉えています。)

そんなジェシーの特徴としては、他5人に比べてファルセット域が広いことが挙げられます。しかも地声最高音より低い音からファルセットに切り替えることも多く、実際には1オクターブ以上のファルセットを使いこなしています。他メンバーに比べて地声最高音が多少低いため、ジェシーが”高い声あまり出ない”と言う気持ちもわからないではないのですが、その分ジェシーのファルセットは本当に美しい!!ですし、思いっきりパンチのあるがなり声だって出せることがジェシーの強みの一つであり、そのカメレオン具合はさらに増してると思います。

そして何よりその音楽的センス。ライブや歌番組のアレンジはもちろん、CD収録のアドリブ部分だってさらっとこなします。RIDE ON TIME録画している方は、↓に該当回の予告編だけ貼っとくのでぜひ見てください!(該当部分は予告編には映ってません涙)スタッフさんも大絶賛のアドリブが聞けます!

www.youtube.com

 

ジェシーの声域的オススメ曲

ジェシーの声域を体感するなら

「オンガク」
「Dawn」
PARTY PEOPLE

オンガクはNEW WORLDぶりとなるhiA地声!「思い通りに 行かない今日でも~」の「きょ」の部分。他の曲でもhiA自体はよく出てくるのですが、NEW WORLDとオンガク以外は全てファルセットになっています。一方、DawnとPARTY PEOPLEでは低音出現!最低音ではありませんが、その半音上のmid1Cが出てきます。これらの曲を一緒に歌うとジェシーの声域が感じられます♪(いや、高いし低いよ…!)

 

②美ファルセットを聞きたいなら

「Takes Two」
「8am」
「LOUDER」
「セピア」

前回の声域調査ブログと全く同じことを書きますが、どれも説明不要!聞きゃわかる!しかも8amやTakes Twoではかなり低い音からからファルセットに切り替えて歌ってるので、低音ファルセット(と呼んでいいのか…?)を聞くことができます。

 

③センスの塊アドリブ集

「Good Times」
「Your Best Day」
「FASHION」

先ほど貼ったRIDE ON TIMEでアドリブを歌ってるのがGood Timesです。放送見て頂けるとわかるのですが、合いの手的なものはもちろん、ハモリまで完全ジェシーのオリジナル!それ以外の曲はジェシーオリジナルかわかりませんが、ジェシーのアドリブの中でも個人的に好きな曲を挙げました。

 

京本大我

最低音:mid1D(変更なし)
地声最高音:hiC♯(変更なし)
ファルセット最高音:hiF →hiG♯

さすがの地声最高音域は変わらず断トツ!加えて今回ファルセット最高音も伸ばしてきて、ついにジェシーを越え、地声・ファルセットともにSixTONES最高音となりました!実際のところは歌割りの関係もあるので、ファルセットで誰が一番高音が出せるのかはわかりません。ただ、きょものファルセットに関して凄いな~と思うのは、ただ高音をだすだけじゃなく、ちゃんと歌詞がある(ことが多い)こと。低音だってそうですが、ただ出すだけなら可能な音域ってあると思います。でも、そこに歌詞を載せたり、感情をのせたり、何よりコントロールできるところがきょもの凄いところだと思います。他のメンバーの高音ファルセットも増えてきましたが、歌詞を乗せて、且つ地声並みの明瞭さ・声量を維持できる点は、流石きょもだな、と思わざるにはいられません。

ちなみに、前回確証が得られなかった「点描の歌(Mrs.GREEN APPLE)」での地声hiDですが、SixTONESANN100回放送のジングルオンエアバトル大賞(正しくはその翌週の京本大我のジングルオンエアバトル大賞)で再度ジングルを流してもらえたので確認できました!!ファルセット、というかミックスボイスっぽいですね…。ただ、Everlastingのラスサビの上ハモ(My life~)もhiD(ミックスボイスかな?地声っぽい気もするけど。有識者の意見求む。)ですし、ジェシーhiA同様、出せるギリギリラインの音なんじゃないかと思います。そういったこともあり、きょもの地声の声域はおそらくこれがMaxなんじゃないかな。

 

京本大我の声域的おすすめ曲

①これぞSixTONESの宝、ハイトーンフェイク

「Everlasting」
「Dawn」
Ordinary Hero

これも説明は要りませんね!もう聞いているだけで最高に気分が良い!どれも主旋律に重なるきょものフェイクが素敵です!特にEverlastingは大サビの主旋律「shining bright」のロングトーンが最高!しかもそれに続くフェイク!マジで全人類に生で聞いてほしい…大好きなのでこの動画も貼っておきますね!あとフェイクではないですが、オンガクのロングトーンもめっちゃ好き…!


www.youtube.com

 

②さらに超高音ファルセット!

「Papercut」
「FASHION」
「Rosy」
PARTY PEOPLE

Papercutのラスサビフェイクで最高音hiG♯が出現!そしてPapercutには及びませんが、FASHIONのラスサビ前Fu Fu Fu~の最後の音がhiF♯!RosyやPARTY PEOPLEはさらに低いですが、Rosyは大サビ部分で主旋律として出てきますし、PARTY PEOPLEは上ハモながらしっかり歌詞が乗っており、きょものファルセットのすばらしさを体感できる曲です。Rosyは①でも挙げたいくらいなんですが、主旋律扱い、ということでこちらに。ちなみにGum Tapeの上ハモもしっかり歌詞が乗ってる高音ファルセットですよね。

 

③低音だって聞けるよ

「Cassette Tape」
「With The Flow」

今回の調査対象曲でも出てきました、限界超える最低音mid1D!(詳細はマスカラの歌割り考察ブログ参照)Cassette Tapeは大サビの「We were too young」の下ハモ、With The Flowはサビの「Don't be~」のとか、大サビの「トランクにしまって~」とかのオクターブ下で複数回出現しています。どちらも下ハモですし、若干ギリギリ感はありますが…逆に言えば、本当にここがきょもの限界値なのでしょう!

 

 

松村北斗

最低音:mid1A →lowG
地声最高音:hiB(変更なし)
ファルセット最高音:hiC♯ →hiE5

SixTONESの低音担当松村北斗、最低音&ファルセット最高音を更新してきました!結果、ファルセット域まで含めた声域ではSixTONESで1番広いことが判明!!というか前回書いた通りそもそも地声の声域がSixTONESで一番広いんです(もちろん歌割りの問題であって、実際には他のメンバーの方が広い、という可能性もありますが)。それに加えて、今回ファルセット含めても一番広かった!!気づいてないだけでもっと低音も高音も歌ってた、なんてこともありそうですが…。僕僕に続いて「わたし」でも歌いだしを担当してますし、最近だと上ハモを担当している曲もあって、本当に高音から低音まで1曲の中でふり幅が大きい!

ファルセットも増えていて(これはゆごしんじゅりにも言えるけど)、主役になったり脇役になったりいろんな役目を果たしているな~と思います。ただファルセット最高音については、出現しているのがGum Tapeの上ハモで、この上ハモ別の人じゃないかとの声もあり、真偽は定かではないです(Gum Tapeの歌割りブログ書いたときに聴きすぎて、未だに私自身わけわかんなくなっていて…。他のメンバーについてもそうですが、間違っている可能性もあります。ご了承ください。)

 

松村北斗の声域的おすすめ曲

①下ハモ職人松村北斗を感じたいなら

「Everlasting」
Ordinary Hero
「8am」

これも特に説明することはありません。耳をすまして低音を聞いてください!北斗の下ハモ曲は他にもあるんですが、「Everlasting」と「Ordinary Hero」はハモリがよく聞こえると思ったのでセレクト。8amは短いですが、2サビのきょもの下ハモが北斗じゃないかな~と思ってます。

 

②低音担当の真骨頂を聴きたいなら

「わたし」
「オンガク」
「Everlasting」
PARTY PEOPLE

「わたし」では地声最低音lowGが出現!大サビのこーちとオクターブユニゾンになる部分です。正直最低音はよく聞こえないのですが、こーちのオクターブ下なので、最低音はlowGなはず。何より、「わたし」は歌いだしの主旋律ソロにオクターブ下ハモ、最後のフェイクまで北斗大活躍の1曲!こちらも低すぎて良く聞こえはしませんが、「オンガク」と「Everlasting」、「PARTY PEOPLE」で主旋律オクターブ下のlowAが出てきます。最低音こそゆごじゅりと同じですが、その1音上であるlowAが出てくる曲の数は圧倒的に北斗が多くて、やはりSixTONESの低音担当は北斗なんだな、と思いました。

 

SixTONESイチの声域を体感

「共鳴」
「わたし」
PARTY PEOPLE

どれも最低音~最高音(ファルセット含)で2オクターブ以上差があります!②で挙げたので省きましたが、オンガクも2オクターブ以上離れていて、下ハモがある曲は下ハモ部分と主旋律部分で音域が広くなりがちですね。逆に言えばハモリじゃないのに2オクターブ出てくる共鳴の凄さ。ちなみに、最低音は「暗転の舞台~」の「あ」のmid1C♯、最高音は「…孤独じゃないってだけで。」の「じゃ」のhiC♯です。

 

 

髙地優吾

最低音:mid1A♯ →lowG
地声最高音:mid2G♯ →hiA
ファルセット最高音:hiC♯ →hiD

最低音・地声最高音・ファルセット最高音全て更新してきました!!いつぞやのGINGERのインタビューで「前より高音が出るようになった!」と言っていましたが、今回樹と並んで、きょもほくに次ぐ音域!なにより、最近上下問わずハモリが増えていて、ハモリ職人・髙地優吾と化しています。歌番組や動画を見て”ここのハモリこーちだったの!?!?と驚かされることも多々。下ハモは以前(NAVIGATORとか)からありましたが、上ハモが増えた結果、ファルセットも増える&最高音更新となっています。そもそも他のメンバーの影に隠れて気付かれにくいんですが、地声の声域の広さで言えばSixTONES内2位タイ。何気に広くて、だからこそ上ハモ・下ハモどちらでも活躍できるんですよね。

以前のコンビ論のブログに書きましたが、他の人と調和しやすい柔らかいマットな声質の髙地は、ユニゾンであれば周りの声に溶け込み、一方ハモリ(特に下ハモ)だと特徴あるざらつき感がはっきりした輪郭を生み出し、しっかりした存在感で支えます。ユニゾンでもハモリでも大活躍のこーち!今後も楽しみです。(ただ、動画とか見るまで気づかなかったりするからさ、もっとアピールしてくれないかな…特に上ハモ。)

 

髙地優吾の声域的おすすめ曲

①上ハモ職人こーち

「オンガク」
「Papercut」
「Everlasting」

オンガクは複数回上ハモが出てきますし、Aメロの上ハモはファルセット最高音hiD!Papercutの上ハモは「重なってくBody〜」の部分なんですが、Feel da CITYのDVD見るまで全くこーちだと気付きませんでした。DVD見てびっくり!他にも把握してないだけで、こーちの上ハモもっといっぱいあるのかもしれません…。

 

②下ハモ職人こーち

「Gum Tape」
「Odds」
「Cassette Tape」

いずれも下ハモ担当曲です。Gum Tapeでは最低音を更新!1曲通してほぼ下ハモですし、静かな曲なので、こーちの声質の良さがとてもよく感じれる曲だと思います。OddsとCassette Tapeは声域としてはそんなに低くないんですが下ハモなので入れました。特にCassette TapeはFeel da CITYのDVDだとCD音源より下ハモがよく聞こえてオススメです!

 

③何気に地声の声域も広いこーち

「Papercut」
PARTY PEOPLE
「ふたり」

Papercutに地声最高音hiA♯が出現!(2番の「叶えてくFavor」ところ)それより半音低いですが、PARTY PEOPLEとふたりではhiAが聞けます!というかhiAは最近のSixTONESの曲で頻出する音。EverlastingのMakingで、J2に(地声で)やっちゃえばいいんだよ!と言われてたのもhiAです(本来の「make this alright」最高音はhiBなんだけど、あの場面でこーちが出してたのはhiA笑)。ていうか、hiAみんな地声でいけるから、Everlasting歌えるんだよね…。めっちゃhiA始まり多いから…(ジェシーにとってはしんどいと思われる)。※Everlastingの「Stay, Wanna stay~」とか「My life is your life」とかの出だしの音がhiA。全員かはわからないけど、束声だと地声に聞こえるので、大部分のメンバーは地声で歌ってるんじゃないかな。

 

 

森本慎太郎

最低音:mid1C♯ →mid1C
地声最高音:mid2G♯ →hiA
ファルセット最高音:hiC♯ →hiF

髙地同様、3つとも更新!低音の声域更新については以前のDawnの歌割りブログで長々と書いたので詳細は割愛しますが、前回の声域調査ブログで書いた”今後もっと低音パートが出現するのではと期待してる”が、その通りになりました!以前(デビュー前後、1年目くらいまで?)は中音域が多かった印象ですが、低音域の歌唱自体増えたと思います。一方で、地声最高音も半音だけとはいえ更新していますし、最高音近くの音が出てくる曲も多くて、低音も高音も使いこなしているな~と感じます。

ただ、それ以上に今回触れたかったのはファルセット!ついに京ジェに次ぐ高さに躍り出ました!!(きょもと並んだ!?と思ったら、きょもも最高音更新してた笑)ふたりの歌割り考察ブログでも書きましたが、透き通るような美ファルセット、本当に好きです。ファルセットに限らず歌い方も進化していますし、ハモリも増えていて、髙地同様、次はどんな歌割りが来るのかと、毎回ワクワクしています。

 

森本慎太郎の声域的おすすめ曲

①慎太郎の低音

「Dawn」
「共鳴」

最低音更新となったDawnではmid1Cが計8回(母音カウント)も出てきます!それよりは半音高い(mid1C♯)ですが、共鳴(2Aソロ部分)でも慎太郎の低音を聴くことができます。

 

②高音キャラメルボイスも健在

「オンガク」
「LOUDER」
「Fast Lane」
「セピア」

低音が増えたと言いましたが、デビュー以前からの地声高音も健在!オンガク(「裏も表も〜」の部分)とLOUDER(「Screaming can you hear it?」のとこ)では最高音更新となるhiAが出現していますし、Fast Laneやセピアではその半音下のmid2G♯が聞けます。オンガクはファルセットも素敵なので聞き比べても楽しいですね!

 

③透き通る美ファルセット

「わたし」
「ふたり」
「8am」
「WHIP THAT」

慎太郎の美ファルセットが聞ける曲と言えば上記の曲(全部は挙げられないので一例)。どれもファルセットが引き立つ曲ですよね…。WHIP THATだけちょっと毛色が違う(ファルセットが聞かせどころの曲ではない)んですが、今回の慎太郎のファルセット最高音(hiF)更新曲なので入れています。該当部分は冒頭のあのシャウト!徐々に高くなっていくのではなく1音目から超高音、というところがさすが慎太郎だなと思います。これだけ高い音でも出だしからよく響く!WHIP THATの始まりとしてこれ以上の適任者はいないと思います!

↓これね!(貼りたいだけ)


www.youtube.com

ただ…上記の動画、絶対音感がある方が聞いたらすぐにお分かりかと思いますが、冒頭の一音目、hihiA♯です笑。きょもも真っ青な超高音!(きょものファルセット最高音の1音上)一応、元の音源ではhiFなので、声域まとめ図ではhiFにしていますが、おそらくhihiA♯は出せるんでしょうね…。ちょっと下からしゃくり上げてるとはいえ、1音目からこの超高音って…SixTONESの末っ子恐ろしい。

 

 

田中樹

最低音:mid1A♯ →lowG
地声最高音:mid2G →hiA
ファルセット最高音:hiC♯(変更なし)

地声の声域を最低・最高ともに大きく更新!Imitation Rainの時に樹がきょもに次いで高音が出た、という眉唾話(私の記憶…)が現実味を帯びてきました(でもやっぱり未だ出展不明)!地声最高音については、複数曲でhiA♯が出てくるので間違いなく出せる音域だと思います。が、かなり低いところからファルセットに切り替えているケースが多く、だからこそ前回の声域調査ではかなり地声最高音が低くなっていたのだと思われます(ラップが多くてメロが少なかったのも要因の一つ)。特に上ハモの場合は、かなりの確率でmid2Gくらいからファルセットにしてる気がする…のは、地声とファルセットでかなり声質が変わって聞こえるから、ということもあるのでしょうか(前回調査ブログ参照)。

そもそも、デビュー前後はラップのイメージを付けるためにメロディーはなくていいと言っていたというじゅったん。デビューから約3年が経ち、ラップ以外のパートも増えたことで、声域も広がりました!ハモれば高音、ラップは低音、何モンだよ田中樹…。声質も相まって、SixTONESの音楽性の幅を押し広げてると思います。

 

田中樹の声域的おすすめ曲

①田中樹の地声高音

「SUPER HERO」(DREAM BOYSより)
「Papercut」
「Good Luck!」

1つ目SixTONESの曲じゃねぇ、というツッコミは甘んじてお受けします。それでも、どうしてもこれを書きたかった…!何しれっとさらっと高音歌ってるんですかチャンプ。(風磨くんもかなり(同じくらい?)高音出せそうだよね)YouTubeに動画あるんで載せときます。(SUPER HEROは2:04~、hiA♯該当箇所は3:06の「only one」や3:11「そんなもん」のところ)


www.youtube.com

SUPER HEROと同じく、Papercut(痺れるようなFlavor)、Good Luck!(笑ったもん勝ちの「が」)でも最高音hiA♯が出現!ちなみに、on eST以降”Laugh" In the LIFEサビのきょもパート(So なんだって~)を樹が歌うようになりましたが、ここの最高音もhiA♯です。最初はふざけて歌ったんだと思ってましたが、きょもの喉温存のためでしょうか?Feel da CITYでも樹が歌ってましたね(日によってはこーちも?)。もう歌割り考えるスタッフさんの中でも、樹はhiA♯まで出せるという認識なのでしょうか。

 

②田中樹の低音

「Gum Tape」
「Rosy」
「シアター」

Gum Tapeはなぜ樹だけオクターブ低いのか!?下ハモでもないのに明らかに低いんですよね。Gum Tapeの歌割りブログでも書きましたが、この歌割りというか作曲した方にぜひ理由を聴きたいところです。

 

③田中樹ハモリ集

「Cassette Tape」(上下)
「オンガク」(上)
「Sing Along」(下)
「Takes Two」(上)

全部紹介したいんですが、めっっっっちゃいっぱいあって載せきれない!オンガクの「50音だけじゃ」の上ハモは樹だと知ったとき本当にびっくりしたのを覚えてます。Sing Alongは「君の足跡 道をつくり」のところ。ここに限らずSing Alongのハモリはどれもめっちゃ好きですね(好みの話なので人それぞれですが、私はオクターブハモリよりも主旋律と全然違う動きしたり、がっつりメロディーの3度下とかの方が好き。だからImitation Rainのハモリは大好物。)。Takes Twoは1番のきょもゆごソロ部分とサビ(Sing along~とか)。サビは他のメンバーもハモってるような気がしますが、一番よく聞こえるのは樹なんですよね。

 

SixTONESの声域まとめ

それぞれ前回調査時から声域更新しているので当然と言えば当然ですが、6人合わせた声域も更新となりました。6人なら地声で2オクターブ半以上!ファルセット含めれば3オクターブ以上!(※前回は地声で2オクターブ半&ファルセット含め3オクターブにそれぞれちょっと足りてなかった)だからこそ、RosyやGum Tapeみたいにオタク泣かせの曲があるわけで…。

一応、前回同様、今回の調査対象曲の中で音域幅が広い曲と狭い曲(ハモリ除)を発表しますと、

  • 最狭曲:「Good Times」 mid1F~mid2F
  • 最広曲:「Gum Tape」 lowG~hiE

Gum Tapeマジでバケモノ…。1曲の音域広すぎるし、3人の声域更新してるし…。(他のバケモノ曲と言えば、1曲で3人の声域更新してるPapercutとか、2人更新&声域的おすすめ曲に出現しすぎのオンガクとか。オンガクはこれでも泣く泣く掲載減らしたんだけどな…)

ただ、前回の声域調査ブログの最後に”結論:SixTONESの曲にファンが楽に歌える曲はない”と書きましたが…やっと!歌いやすい曲が!!あった!!!

Good Times!!!!!!

音域が1オクターブしかなく、しかも女性にも男性にも歌いやすい音域!SixTONESの曲をカラオケで歌いたい皆さん、とりあえずGood Timesを歌いましょう!英語詞がネックではありますが…。

 

はい、またしても1万字を越えてしまいました。長文にも関わらず読んでいただいた皆さま、本当にありがとうございます。2ndアルバムらへんからどんどん声域が更新されたので、こちらも直さなきゃ、ということできょものHBDにかこつけて更新してみました!ファルセットはまだまだ限界がわかりませんが、前回よりかなり各メンバーの最低音・最高音に近づいた気がします(特に地声最高音は今回の調査結果でほぼほぼ確定な気がする)。次回更新は特に予定していませんが、複数人が大幅に更新された場合はまた調査&ブログに書きたいな~と思います。※歌割りがよくわからなくておすすめ曲に挙げられていない曲もあるので、こここうじゃない?とかありましたら、ぜひコメントやマシュマロ頂けると助かります。

 

 

改めて、きょも28歳おめでとう!!きょもがのびのびと美しい声を響かせられる環境がこれからも続きますように!きょもが居てくれることが、SixTONESの音楽がどんどん成長する一つの要因だと思っています。これからも先陣切って5人を引っ張っていってね!!

ふたり歌割り考察

こんにちは

3rdアルバム「声」の発売やら「慣声の法則」やら、既にわくわくドキドキが止まらない状況ですが、次のアルバムが出る前に先日発売された「Good Luck!」&「ふたり」の歌割り考察を書いておかなければ、ということで今回は「ふたり」について考察していきたいと思います!(忙しさにかまけてブログもTwitterも放置気味ですみません…ちなみに「慣声の法則」は見事に全滅しました…)

 

では、まずはこちらを。


www.youtube.com

なにがびっくりって、これフルなんですよね。MVはフルじゃないんですが、歌としてはフルバージョン。雑誌のきょものインタビューで、この曲はワンハーフみたいな構成、と言っているのを見てまさか…?とは思いましたが、本当にフルだった!出血大サービス(死語?)!SONYさん太っ腹!!

 

では、歌割りを見ていきましょう!

※『ふたり』YUUKI SANO、Haruka Yanagawa作詞・作曲 / Naoki Itai編曲
蛍光ペンっぽい太めのラインが主旋律(色はメンカラ、全員部分は色なし)、マジックペンぽい細めのラインがハモリ(文字の上なら上ハモ、下なら下ハモ)
※紫のラインは、京ジェ以外の4人(北斗・髙地・慎太郎・樹)のユニゾン

 

まず、歌割り関係ないですがこれだけはとりあえず言わせてほしい。バラードのジェシーはヤバい!ズルい!他の曲でそんな歌い方してなかったじゃん…!

あと、慎太郎のファルセットの美しさ(大サビの「ほら~」と「そばに~」のところ)。これまでSixTONESの美ファルセットと言えば私の中でジェシーだったんですが、ここへきて慎太郎が躍進してきました!!慎太郎のソロってここだけなんですが、ここが良すぎてこの曲の慎太郎の印象かなり強い…。そもそも、しんじゅりの「止まない~」やゆごほくの「儚い~」とか、「ふたり」は全メンバーのファルセットを聞くことができます。(「ふたり」に限らず今回のシングル収録曲はファルセットが良い!と感じているのですが、詳しくはまたの機会に。)

また、初めてこの曲を聞いたとき、すごく奥行きや深みを感じるな~と思ったんですよね。最初は北斗が下ハモで深みを足してるのかと思ったのですが、ちゃんと聞いたらユニゾンの中で北斗の声質が活かされてるんだと気付かされました。すずめの戸締まりで新海監督から”美しい声”と評された深みのある北斗の声がこの曲中でもすごくよく生きていて、曲を引き立てていると思います。

ちなみに、曲によって全員ユニゾンでもこの人の声良く聞こえるな~というのがあるんですが、なぜなんでしょう?(Feel da CITYのImitation Rainのサビは髙地の声がとてもよく聞こえて印象に残ってます)声質や声量の問題なのか、ミキサーさん?が調整してこの曲はこの人が聞こえるといいな~ってことなのか…。どなたか詳しい方いらっしゃいましたら是非教えてください!

 

さて歌割りの話をしますと(本題)、画像の通り、出だしやサビの最後、ラスサビ前半など、要所要所を京ジェが担っており、メインボーカル=京ジェを表に出した、原点回帰のような歌割りに感じました。「孤独を~」からの3×3部分も、(樹・髙地+ジェシー)×(北斗・慎太郎+きょも)の構成で、上ハモを担当するのは京ジェ。それもあってか、久々に紫ペン(北斗・髙地・慎太郎・樹のユニゾン)の出番となりました。このブログではEverlasting以来(といってもWooのとこだけ)、表題曲では初だと思います。3×3のうち1人はハモリ、という構成もNAVIGATOR(NAVIGATORはゆごほくの下ハモだけど)を彷彿とさせて、少し懐かしい感じもしますね。

でも、樹の下ハモが入ってたり、慎太郎のファルセットが効いてたりと、原点に立ち返っているだけじゃなくて。

オンガクの歌割りの際にも似たようなことを書きましたが、6thシングルを一つの通過点として、7thシングル以降は歌割り面でも新たなチャレンジというか、方向性に舵を切ろうとしているんじゃないかな~と感じています。もちろん原点やこれまでの経験を踏まえた上で。
ちなみに、樹の下ハモは「注いでいこう」だけかと思ったら「あなたに」もでした。音程とりにくそ~。

 

構成の話をしますと、前半で触れたように、ワンハーフのような構成です。きょもの言葉を借りると、2番があるようでないような構成。2番が大サビ(所謂Dメロ)になってると言ったらいいんでしょうか。そしてそのままラスサビを迎えます。この曲はサビが2段構成みたいになってて長いのも特徴ですね。ラスサビの前半(ジェシーソロ部分)はラジオボイスになっていて、落ちサビの役割(=ラスサビ前の音量を落としたサビ)を担うことで、その後のきょもの「呼んでくれたね」からダイナミックさを与える構成になっています。

 

 

そして何より京本大我の音楽に対する姿勢

「ふたり」はきょもの主演ドラマ「束の間の一花」の主題歌ですが、歌いだしはジェシー。その曲に関連したメンバーが歌いだしやソロを担当するのはジャニーズあるあるなのかなーと思ってましたが、きょもの方から歌いだしを自分にしなくていいとの話をスタッフさんにしたと雑誌で知り、きょもへの信頼感が増してます。もしかしたらSONYさんをはじめとするSixTONESの音楽に関わる方は、きょもに言われるまでもなくそのつもりだったのかも知れませんが、改めてきょもの楽曲に対する姿勢を知れてとても良いインタビューでした。

まだ読んでない方、ぜひ10月発売のSongs magazine読んでほしい!ネタバレになるからこれ以上書きませんが、ふたりの裏話?的な内容もあってオススメです!SixTONESの音楽に対する真摯な姿勢はファンにもかなり理解されている(というかそれを良いと感じているファンが多い)と思いますが、それでも”なぜ歌いだしがきょもじゃないのか”という声が一定数出てくることを想定してのこの発言なのではないかな、と思いました。深読みしすぎかもしれませんが。)

以前にも似たようなことを書いたかもしれませんが、SixTONESが音楽を極めていく上で、きょもの存在は技術面でも精神面でもとても安心感・信頼感があるなと感じています。

「ふたり」に関しても、歌いだしは違うとはいえ、それでもさすがに主演ドラマの主題歌だし、サビの上ハモは別の人(もしくは音源に入ってるだけ)と思ってました(だからこそ誰だかわからなくてブログが書けなかった)。そしたら、先日のSixTONES公式の”ボーカルが抜ける不具合”できょもが上ハモだと判明。こちらが思っている以上に、本当に音楽を最優先に考えているんだな~と嬉しくなりました。

そんな音楽を大切にしているSixTONESだからこそ、「ふたり」はもちろん、どの曲も本当に素敵ですよね。

 

 

さあて、いつまでもツアー全滅に落ち込んでいてもしょうがないので、8thシングルを楽しみつつ、3rdアルバム発売に向けて気分を高めていきたいな~と思います!

復活当選祈る!!!!!!

S.I.Xに見るSixTONESのアレンジ力

こんにちは。

 

Feel da CITYのDVDが発売されて早3週間。Good Luck!とふたりのMVも解禁され、次のシングルへの期待がどんどん高まっている最中。ですが、今更ながらこれは書き残しておきたい!ということで、今回はS.I.Xについて書いていきたいと思います。(ブログ自体かなり久しぶりになってしまった…頑張ります)

 

このブログに辿り着いた皆さんならとっくにご覧になったと思われるこの動画↓。


www.youtube.com

YouTubeのコメントにもたくさん書いてありますし、元の音源(CD)を聞いたことある方ならご存じの通り、めっっっっっっっっっちゃめちゃアレンジされてます!ライブって本当に最高だよね…!

 

ということで、今回のFeel da CITYのDVD版ではS.I.Xのここがアレンジされてるよ!ということについて書きます。(考察でもなんでもない、私個人的にはここのアレンジがめっちゃ好き!を書き連ねただけのブログになると思います。すみません。)

 

アレンジの話に入る前に、まずは歌割り(CD版)を見ていきましょう。

※『S.I.X』Joe Ogawa / Toru Ishikawa作曲、Toru Ishikawa作詞、Joe Ogawa編曲
蛍光ペンっぽい太めのラインが主旋律(色はメンカラ、全員部分は色なし)、マジックペンぽい細めのラインがハモリ(文字の上なら上ハモ、下なら下ハモ)
※歌詞にはないけれど、詞がはっきりわかる部分は(斜体)で追加しています(文字色メンカラ)。
※間違っている部分もあると思いますがご了承ください。

 

歌割りを見ていただいた上で改めて、こちらの動画を見て頂きましょう!(貼りたいだけ)


www.youtube.com

 

冒頭からJ2がかましてますね…!

もうアレンジと言ったらジェシージェシーといったらアレンジ!というくらいライブになるとアレンジしまくるジェシーですが、S.I.Xでもご多分にもれずアレンジ&アドリブたくさん!「やりたい放題~」とか「飛び跳ねろ Jump」のように音程を変えるアレンジもあれば、「Crap Clap Clap」のように合いの手を入れたり、存在しない旋律をアドリブで歌ったり…。

何よりこーちの「フロア中響かせろ」の後のジェシーのアドリブ!!このパート2サビとラスサビと計3回出てくるんですが、3回とも違ったアドリブ入れていてさすがジェシー…!

 

ジェシー以外のメンバーも負けてません。

まずは「誰よりも Imma get wild」の慎太郎。on eSTでもやっていた力こぶポーズ! 音程はもちろん、最後の音をロングトーンに変えていて、これもライブならではですね。

さらにきょもの「飛び跳ねろ Jump」に合わせるかのような北斗の「フロア中響かせろ」もめちゃめちゃいい!きょもほくアレンジ連携が素晴らしいですね。

そして再び慎太郎!「フロア中響かせろ」の部分、動画ではもうカメラがスイッチングして慎太郎は映っていませんが、WHIP THAT冒頭でもやっていた、音程下がって上がるやつ!(伝われ)慎太郎の十八番なのでしょうか!?ライブ音源版WHIP THATを聴き込んでいたこともあり、S.I.Xでもこれが聞こえた瞬間テンション上がりました!

もうこれも貼ってしまえ。


www.youtube.com

 

そして、こーちの「この手掴むVictory」!ついにこーちまで歌い方&音程をアレンジしてきました!髙地はSpecial Orderのハッッとか、”Laugh" In the LIFEのう~えっ♪し~たっ♪はいっはいっはい♪みたいな掛け声や合いの手はよくあったのですが、ついにこんなアレンジが…!しかもめっちゃいい…!

さらにこのこーちのアレンジの流れに乗るかのように北斗、ジェシーが続きます。先ほどのきょもほくの連携もそうですが、その場その場に応じて曲や他のメンバーに合わせてアレンジを変えていける、というのは本当に素晴らしいですし、だからこそSixTONESのライブは楽しいんだと思います。

「見れば分かるヤバさSIX men」を聞くたびにマジでやべー6人に嵌ってしまったと思う…ジェシーにこのパート振った方素晴らしすぎる。

というか京本さん、ビジュアルコメンタリーでこーちに「あ~まだ大我この歌い方ん時か」って言われてましたけど、他の会場ではどんな歌い方してたんですか…?(Never slow down~のとこ。きょもは「初期」と言ってましたが…)SixTONESライブMC集とアレンジ集出してくれないかなマジで。

 

その後の樹ラップ部分、CD音源だと合いの手(画像に斜体で書いてある部分)は樹本人の声に聞こえるんですが、動画見ると北斗が歌ってるんですよね(動画でも樹の声は聞こえるんだけど、そこに重ねて北斗も歌ってる)。アドリブですかほくちゃん…?

「君の体をジャック」の後シャウトしてるの誰…?樹?そろそろ血管ブチぎれそうですよ田中さん(樹の喉の強さに感謝)

 

最後の最後までアレンジ入れてくるジェシージェシーの歌聴いてると元の音源忘れそうになる笑)。I love this vibeとかいいですよね!そして北斗のシャウトのおまけつき!(WHIP THATもそうですが、よく吠えますねほくちゃん。最高。)

 

 

全部は挙げきれないのでこの辺にしますが、他にも歌詞にはない(元々の音源にもない)ところでシャウトしてたりアドリブ入れてたり、音程や歌い方自体はそこまで違っていなくても勢いやテンションが違ってたりと、さすがはライブが本業なSixTONES

 

さすがにこれだけでブログにするのは気が引けるのでちょっと真面目な話をしますと、このアレンジやアドリブって本当に凄いと思います。ビジュアルコメンタリーでほっくんも言ってた通りS.I.X自体がアレンジが映える曲だというのもありますし、もちろん音程を変えたり、歌い方を変えたりすることだけでも凄いことだと思います。

でもそれ以上に凄いのは、曲の雰囲気やその場の盛り上がり、他のメンバーのアレンジ・アドリブに合わせて自分もアレンジできているということ。だから誰も曲やその場の雰囲気を壊すことなく一体感ある盛り上がりになっていると思います。それは各個人に実力とセンスがあることはもちろん、曲自体をしっかりかみ砕いた上で自分のものにしているから。しかもそれが6人全員。

 

例えば、料理であればそもそもその料理の素材が何で、どう調理されて、どういう味付けがされているかわからなければ、アレンジなんてできないですよね。下手に手を出せば元より酷い料理にだってなりかねない。

音楽のアレンジも同じだと思っています。元の曲をちゃんと自分のものにした上で、アレンジができる、だからこそSixTONESの本業はライブであり、何より楽しいライブになっている。自分たちの曲を自分の子どものように愛しているSixTONESだからできるのだと思います。

 

アレンジの良さ、素晴らしさを語りたいだけのブログになりましたが、意外と後々役に立つこともあるのでは?と思い公開してしまいました。

(NAVIGATORのこーち下ハモ、当時は出る雑誌出る雑誌こーちが下ハモきつかったと言っていて、下ハモの存在を知っているのが当たり前のように感じていましたが、その後にファンになられた方にとってはそうじゃないんだな、と気づかされました。マシュマロくれた方ありがとうございます。小っちゃいことでも書き残していれば、ファンがうっかり忘れてしまった場合も、新しくSixTONESのファンになられた方にも少しは役に立つのでは、と思い今後もブログに書き残していきたいと思います。最後は私の言い訳みたいになりましたが、今後もブログを続けていきたいと思いますので、お読みいただけると嬉しいです。)

 

さあ、では「Good Luck!」&「ふたり」、そして「Sing Along」発売まで楽しみに待ってるぞ!!

PARTY PEOPLE歌割り考察

 こんにちは

だいーぶ涼しくなって、ちょっと機を逃した感は否めませんが、動画の再生回数伸び続けてるし、まだ夏だし!ということで、SixTONESYouTube限定新曲『PARTY PEOPLE』の歌割り考察をしたいと思います!

※9/25追記:少クラ(9/2放送)を踏まえて歌割り画像差し替え及び一部加筆・修正しました。

 

まずはPARTY PEOPLEの動画をどうぞ!フル版を貼れる幸せよ…


www.youtube.com

 

では、歌割り画像はこちら。

PARTY PEOPLEONIGASHIMA作詞 / Albin Nordqvist、P3AK作曲 / P3AK編曲
蛍光ペンっぽい太めのラインが主旋律(色はメンカラ、全員部分は色なし)、マジックペンぽい細めのラインがハモリ(文字の上なら上ハモ、下なら下ハモ)

 

ほっくんがブログでも書いてましたが、SixTONESにしてはかなりシンプル!基本的にはソロで、サビは全員歌唱、という構成になってます。

 

ただ、アドリブ(かつて私がブログで合いの手と呼んでいたやつ)がめちゃめちゃ多い&カッコいい!これがPARTY PEOPLE感をさらに高めていると思います!

(ロキ中さんのブログにも似たようなことが書いてあって、非常に興味深かったので、まだ読んでいない方、ぜひ読んでみてください!)

 

こういった歌詞にない部分を画像にどう表現しようか迷ったのですが、明らかにメンバーだとわかる(主にジェシー)ものは、歌詞もわかる場合は(歌詞)・わからない場合は(Adlib)、誰だかわからない(メンバー以外の人の声も入ってるっぽい)ものは※で記載しました。

 

そして、きょもほく!基本ソロですが、なぜかきょもほくだけハモってます!はっきりしないのですが、サビの下ハモも北斗かな〜と思います。(サビ全部ハモリがあるのですが、サビ後半は主旋律からめっちゃ北斗が聞こえるので、画像からは削除しています)

そもそも、それぞれのソロ部分に本人によるハモリや本人の声を加工した声が重ねてあると思うんですよね。

 

その他不明点としては、

・加工されている声(樹ソロ途中の「So Eeeny, Meeny, Miney, Moe…」とか、ゆごしんソロ途中の「Wow wow...」とか)はさっぱり誰だかわかりません。とりあえず「So Eeeny, Meeny, Miney, Moe…」についてはその時MVに写ってるこーちで。笑(違ったらすみません)少クラ見たらジェシーでしたね!「Wow wow...」についても、1回目は樹でした。2回目は映ってなかったですが、声的に北斗な気がします(樹歌ってなかったし)

・2番の(Let’s stay together) 、しんじゅりな気がしますが…。樹は歌ってましたが、慎太郎映らず…。願望込みでしんじゅりのままにしておきます。

の2つ。細かい点も挙げるともっとあるのですが(冒頭の1,2,3,4とか)、省略します!

ちなみに、少クラでは冒頭の「NaNaNa…」とか2回目の「1,2,3,4」とか、画像で色塗ってるメンバーに加えてゆごほくが歌ってるんですよね…。YouTube音源ではイマイチ2人の存在が聞き取れなかったので、画像は修正しませんでした。

なお、この歌割りは私の予想であり、いつも通り間違っている可能性があることをご了承ください。

 

 

サビもキャッチーで耳に残りやすくて好きなんですが、私の1番のお気に入りは大サビ!なぜなら、曲調・SixTONES各々の声質・MVがうまく引き立てあっているから!

 

例えば、出だし「二人~」はジェシー&髙地の柔らかい声質コンビが続きますが、メロディーもそれまでのイケイケPPから、少しトーンダウンした落ち着いた雰囲気になっています。MVも夕暮れ(のような光と色彩)になっていて、ゆごじぇの声や曲調ととてもマッチしているな、と感じました。

そこから、超親和性の高いクリアコンビ、きょもほくによるオクターブハモリで少し雰囲気に変化を持たせ、曲調もだんだん元のパリピな感じに戻り始めます。

そしてリズム感抜群なしんじゅりコンビで畳み掛け、MVも夜のシーンに向けて曲調とともに加速。田中樹が出てきた時点で「夜来るぞ!」って気分になりますよね!

(実際、樹の「1,2,3,4」からMVは夜のシーンになります)

 

こんな感じで、声質・曲・MVのそれぞれの雰囲気がマッチしていて、たとえMVを見ずみ耳だけで聞いていたとしても、MVの情景がすぐに浮かびあがるんです(MV見すぎとも言う)。

 

この曲の再生回数が多いのは、大衆が求めるもの(需要)とMVや曲が一致した、というのがメイン理由ではあると思いますが、曲・歌割り・MVが上手く引き立て合っている、というのも一つの要因だと思いました。いつものSixTONESに比べて歌割り自体は非常にシンプルでも、声の特徴を踏まえた歌割りがなされていて、声質等の観点から見てもすごく面白かったです!

 

いつもより短めですが今回はこのくらいにしたいと思います!

Feel da CITYのDVD発売やら、Sing Alongやら、まーふー様のANNやらこの先も楽しみがたくさん!(書ききれないから省略するけど、個人仕事も次から次へと解禁されてて、おめでとう&頑張って&楽しみの嵐です😊)

PARTY PEOPLEとともにまだまだ夏を楽しみたいと思います!Let's Party!!!!!!

オンガク歌割り考察

こんにちは!

 

今週の少クラでオンガクをやる、と聞き、居ても立ってもいられず歌割りブログを書き始めてしまいました!オンガクは先日のアンケートでも吹部で吹くなら一位!ハモリ&コンビ好きとしても楽しめる曲ですね!

正直、不明な部分も多いので、あくまで今回は予想とします!で、金曜日の少クラで答え合わせをしたいと思います!(あまりにも違ったら凹みそう…)

〈7/31追記〉少クラ見た結果、間違ってる部分等判明しましたので、修正&追記していきます!

 

ではまず、オンガク聞きたい方はこちら↓


www.youtube.com

 

「わたし」のdigeSTでも少し聞けます。2:25くらいからです。


www.youtube.com

 

貼れるものは全て貼りたいということでこちらも。SONYさんありがとうございます!LinkBuds S、私も愛用させていただいてます!


www.youtube.com

 

では、歌割りに行きましょう!

今回はあくまで予想!なのでブログタイトルも考察ではなく予想にしています。CDで聞いた感じ&ANNでのこーち上ハモが結構ある(by樹)の話&少クラがベースになってます。

※『オンガク』SAEKI youthK作詞・作曲 / Naoki Itai編曲
※※蛍光ペンっぽい太めのラインが主旋律(色はメンカラ、全員部分は色なし)、マジックペンぽい細めのラインがハモリ(文字の上なら上ハモ、下なら下ハモ)

 

共鳴やわたしに引き続き、佐伯さん作詞作曲!オンガクのタイトルに恥じない(そりゃすとんずやソニたちが中途半端な曲出すわけないけど)変態(褒めてる)曲ですね!

歌詞も「フェイク」やら「テンポ」やら「ハーモニー」「メロディ」「チューニング」と音楽用語が目白押し!ただ音楽自体について歌っているようで、SixTONESのことを歌っているようにも取れる歌詞ですよね。

割とSixTONESの曲には、歌(詞)自体のテーマとSixTONESのこととダブルミーニングになっているともとれる曲が多いと感じているのですが、オンガクは慎太郎に「無邪気な声」とか、ジェシーに「ふざけた調子で」とか、北斗に「文学賞もんだな」とか、マジであてがきとしか思えないような部分もあって。歌割りがはっきりしてからもう一回見直すとめっちゃエモいんだろうな~という部分がそこかしこに…。

 

今回は予想なので、まずその内容(ソロ部分は確定だろうけど、各ハモリで判断が微妙な部分)について羅列しますと、

  1. 「心がさらわれてた」 &「当たり前になってた」の上ハモ
    正直はっきりわからなかったのですが、こーちの上ハモが多い、との話を踏まえると、この2か所かな、と。京ジェ樹っぽくはないし…。
    →「心がさらわれてた」はこーちで正解でしたね!2番はカットだったので(涙)「当たり前になってた」は不明ですが、「心がさらわれてた」と似てると思うんだけどな~
  2. 「50音だけじゃ」の上ハモ
    ジェシーの可能性も捨てきれないけど、この透明感は慎太郎じゃないかと(願望込み)。
    →まさかまさかのじゅったん!!完全に予想外すぎて…!ファルセットになるとなんでそんなに雰囲気変わるのよ…
  3. 「裏も表もほら 全て見せ合ったら」の上ハモ
    さっぱりわからん笑。ここが一番不明。音源に入ってる加工かなーとも思うのですが。ただ、こーちの上ハモが多い、ということを考えるとここも髙地だったりする?
    あとは、この直後のパートきょもしんだと思ってるので、え、お互いハモリあってたりする?
    →頼むから2番をやってくれ…。
  4. 「溢さぬように」の上ハモ
    慎太郎っぽい。最後の「ように」のビブラートはジェシーもあり得るかも…聞けば聞くほどわからなくなってきた…。
    →上に同じ。
  5. 「君とだったなら良い」の上ハモ
    ラストの「い」の伸ばし方がめっちゃ北斗っぽいんだけど、直後にソロパートあるんだよな…。まあ、普通にきょもだと思うんですが、願望込みで画像は北斗にしてます。
    →まあ、きょもでしたね。まあそうだよね。願望は願望のまま終わりました。
  6. 「奏でていこうララライラ 重ねてララライラ」の下ハモ
    基本聞こえるのは主旋律の樹ですが、下ハモ居るには居るんですよね…。これが樹自身(音源のみ)なのか、ゆごしんか、ゆごしんのどちらかだと思ってます。
    →少クラ聞いたら疑問が増えたんですけど…。少クラだと、主旋律こーち+オク下樹だったんですけど、え、CD主旋律にも樹いるよね? こーちも主旋律で下ハモ樹っていうのはいいとしても、主旋律こーちだけじゃなくない!?という疑問が…。すみません、樹主旋律を捨てきれず、画像ではゆごじゅり主旋律+樹下ハモという意味わからん状態になってます。
  7. サビの下ハモ
    きょも主旋律部分(「僕らを作るハーモニー」や「未来のためのチューニング」)の下ハモが北斗なのと、主旋律から京ジェゆご樹は聞こえる(気がする)ので、そのまま北斗かなーと思いますが、はっきりとはわかりません。
    →うーん、少クラ見てもはっきりとはわからず。ハモリの音量小っちゃかったし、音源だけかなぁ?
  8. 1番サビの「ほら手を取って」
    少クラ見てると、きょもしん歌ってないんですが…(その後の「明日へ」で全員になる)。2人揃って間違えたってこともないと思うんですが…。CD聞きなおすと、確かに「ほら手を取って」より「明日へ」の方がハイの要素を強く感じる…には感じるんですが、単純に明日への方が高音だからではないのか??きょもしんパワーだったの…?

 

とりあえず迷ったのは上記の7点です。違っていた点は少クラ後に修正して、「考察」という形でブログを上げなおしたいと思います!問題はフルでやってくれるかどうかなんだよな…。2番やってくれないと一番不明なところがわからずじまいになるんだよ…頼む…。
→2番はありませんでした涙涙涙

結果、完全に解決したのは2番と5番のみ。しかも、新たな疑問が発生するとの結果になりました。

 

コンビ的にはきょもほく・ゆごしんのように親和性が高く頻出の組み合わせもあれば、J2という非常に珍しい組み合わせまで!確定ではありませんが、ユニゾン・ハモリ合わせて9コンビも出てきます。本当に6人全員がハモリまくりですね!

一口に「ハモリ」と言っても、最近は上ハモのバリエーションが増えたな、と感じています。以前はゆごほくに加えて偶にジェシー、その後樹や慎太郎も下ハモを担うことが増えてきましたが、最近上ハモが凄いんですよね。「わたし」もそうでしたが、今回も主旋律+上ハモが多く、なによりそのバリエーションの多さにびっくり。さすがSixTONESだな、と言いたくなります。

 

さて、最初に変態曲(褒めてる)と書きましたが、具体的な話は少クラ後にちゃんと「考察」という形でアップするとして、今回は取り急ぎ予告だけしておきます。ポイントとなるのは、①構成、②転調 です。では、変態部分に触れていきたいと思います!(ずっと紫だと読みにくい気がするので、一旦黒字に戻します)

 

まず、構成については、2サビがない!

JPOPのベーシックな構成はメロ→サビ→メロ→サビ→大サビ→(落ちサビ)→ラスサビ。SixTONESの曲もこの構成であることが多いです。
が、このオンガク、2番ラストきょものロングトーン「刻んで行こう」からそのまま間奏→大サビ→ラスサビという流れ!2サビに行くと思わせてそのまま大サビへ入るので、ドラマティックな感じがしますね。

 

しかもこの曲、4回も転調してます。

冒頭:Dメジャー(ニ長調、Ddur)
1A〜:Fメジャー(ヘ長調、Fdur)
1サビ:Dメジャー(ニ長調、Ddur)
2A〜:Fメジャー(ヘ長調、Fdur)
大サビ〜:Dメジャー(ニ長調、Ddur)

正しくはAメロや大サビ前の間奏部分から転調しているのですが、歌ベースで捉えるとこんな感じです。

ちなみに、Dメジャーは#2つ、Fメジャーは♭1つなので、キー3つ分転調していることになりますね。

 

転調をする曲自体はこれまでにもたくさんありましたし(Imitation Rainはもちろん、僕僕、マスカラ等表題曲だけでもたくさん)、SixTONESとしてもJpopとしても特段珍しくはないです。ただ、たいてい転調をする場合は、曲の雰囲気をガラッとかえたり、印象付けたり、盛り上げるために取り入れることがほとんど(先ほど挙げた3曲もそう。Imitation Rainの転調は違う意味で変態)。が、このオンガク、転調が自然すぎる。

え、だって皆さん転調してることに気づいてました?

もちろんわかっていたよ!って方はいらっしゃるでしょうし、他の曲が不自然だ、というわけではないのですが、他の曲のような劇的な変化がないんですよね。しかも2つの調をいったり来たりする。それがこのオンガクの変態さの1つだと思います。(気づかなくて音程取るのに苦労したやつがここに1名。♭系の調と#系の調を行ったり来たりしないでくれよ…私はそんなすぐに切り替えられないんだよ!)

 

私自身、転調(というか調性)についてちゃんと勉強した人間ではないので(だいたいの雰囲気で演奏してた人間です。すみません)正しいかはわかりませんが、もう少し転調に関して書かせていただきますと、

F→D転調は間奏等インスト部分で転調しますが、D→F転調の2か所については、その直前のソロパートにきっかけがあるんですよね。1番は北斗「語れない」、2番はきょも「刻んで行こう」がそうです。(それもあってこのきょものロングトーンめっちゃ好きなんだよな…。単純に聞いてて最高に気持ちいいっていうのが一番の理由だけど)それまでナチュラル(♮=♭や#がついていない)だったF(ファ)が、この部分でF#となり、スムーズに転調していきます。

 

ただ、F→D転調に関しても、ちょっとそれっぽい部分はあります。

サビ最後の「明日へ」の音はレレ~ラファファ#~(DDAFF#)なんですが、最後の「へ」は一旦Fの音ですぐにF#になるんですよね。別にDDAF#で全く問題ないと思うのですが、Fが入ってるんです。コード進行的には全く関係ありません(コード上にないFを入れてる)が、これもFメジャーへ転調する予告みたいなものなのかな~と勝手に思ってます。

 

変態曲の話に戻しますと、歌割りに規則性がない点も変態性の一つと言えるかもしれません。例えば、1Aの「誰が思っていただろう?」から「心がさらわれてた」まで慎太郎ですが、2Aだと「誰が思っていただろう?」は北斗、その後の「隣に~」からは慎太郎になっています(だから余計に歌割りを予測しづらい)。

 

2サビがない、しかもメロとサビで調が違う、さらに歌割りも規則的でない、結果、初聴きの時にどんどん新しいメロディが出てくるように感じたんですよね。Aメロ、Bメロ、Cメロ、Dメロ、Eメロ…みたいに。

 

こんな感じで曲自体も変態ですが、やっぱりハモリ好きの人間としては、歌割りに対して思うことがあって。

Gum Tapeの歌割りブログで、京ジェメインだった「この星のHIKARI」(初期Ver.)に比べて、「Gum Tape」は北斗・髙地・慎太郎・樹のパートが増えた、それはすなわち挑戦し続けるSixTONESの一つの到達点だと書きました。

それを踏まえてもう一度歌割りを見てみますと、出だし、そしてサビの後半のハモリは京ジェです(というか特に京ジェのハモリが多い)。そして2番「誰が思って~」からは北斗→慎太郎→樹→髙地が主旋律を歌いつなぐ。

 

6thシングルGum Tapeで到達したところから、この7thシングルでさらに新たな一歩を踏み出したのではないでしょうか。原点や基本は忘れず、でも進化は続けるSixTONES。8枚目以降も楽しみですね!

 

この歌割り予想がどれだけ合っているかはわかりませんが、まずは金曜日を楽しみに待ちたいと思います!!大外れはしなかったけど、疑問が解決しきらなかったので、ぜひまたTVでやってくれ!!

 

Feel da CITYのDVDが出ると聞いて喜んでたら、もう次のツアーも動き出しているんでしょうか!? グッズ案聞かれたってことは、来年のツアーや次のアルバムも始動していると思ってますよ!楽しみに待ちたいと思います!!!!!!